The Concept Of  "RemastaR"



美髪 ツヤ髪 ホレラレ髪! RemastaR オリジナル シャンプークリーム


髪という素材に惚れ込み、髪が一番美しくなる方法を15年模索し続けた結果、最高のヘアケア方法にたどり着きました。

今回のイベントを通して、参加者全員がご自分で髪を美しくできるヘアケア方法を体験してもらいます。自分の髪に自信を持ち、いつも綺麗でいてほしい。そんな願いを込めた無料体験イベントとなります。( 詳細はイベントページにて! )

www.remastar7.com Blog Feed

フリーランス美容師のお客さん (水, 19 2月 2020)
真実とは良いものなのか良くないものなか これから書く内容には賛否両論あると思う。 けれども、ありのままをお話しする。 フリーランス美容師となってからは自分の環境やスタンスは社員美容師とは大きく異なる。 真実を話せる事がフリーランスの大きなメリットであり武器でもある。 この考え方は書籍『非常識な成功法則』を読み衝撃を受け、自分にも取り入れた考え方である。 まず、何が大きく異なるのかと言うと、『お客さん』について考え方やスタンスが違う。 フリーランスとはチームではなく、1人でお客さんの全てをやらなければならない。基本的にお客さんの掛け持ちはしにくくて、多くのお客さんを担当することができない。 そうなった場合、最も効率良く自分のお客さんを見つけ出すには、まず自分のお客さんにしたくないお客さんを見つける事が求められる。 これまでは、嫌なお客さんでもなんでもやらなければならなかった。 でも、今は違う。嫌なお客さんはお断りできるし、実際にお断りさせて頂いている。 僕にとっての嫌なお客さんをはっきりと提示する 初めましてにもかかわらず、いきなり前回の美容師さんの文句や悪口を言い出してしまう人。 前回の美容師さんに直接お願いします。 直接言えなかった分を次の全く関係のない美容師に憂さ晴らしからスタートされてもかなり困ります 前回の担当が僕なら全力で改善しますし、より良くなる様真摯に受け止めアイデアをひねりだします。 だからどうか僕のお客さんは、僕に改善してほしい所があれば遠慮なく言って下さい! けれども、他の人に言うのだけはアウトだよね。 そこって文句とか悪口は必要なくて、前回はこうだったから今回はこうしたい。 ただ、それだけでいいと思うんですよね。 次に今まではこんなにお値段の高い美容室に行ってましたとアピールしてしまう人 そして今来ている美容室がそこよりも安い場合の人。 値段の高い美容室に行ってたけど満足してないから美容室変えたんだよね? そうすると値段は高いけどヘタクソか何かだったんだよね? 自慢なのかなんなのか分かりませんが、はっきり言って僕にはこう聞こえてしまいます。 私は美容室にそんなにお金はかけたくありません。と、、、。 一概に多くのお金を払う人が良いお客さんではないけども、。 高い美容室に行ってたけどやめて安い美容室に来ました。 この自己紹介されてやる気がでる美容師っているのでしょうか? とても疑問に思います。 高い美容室にも下手な美容師はいますし、安い美容室にも上手な美容師さんはいます。 美容室とは、高い安いからうまい下手ではなく、値段相応と思われる技術を提供しているのが美容室です。 良いお客さんアピールをした方が良い美容師でいれる 良い美容師とアピールすることで良いお客さんでいれる。 コレは表裏一体であるということ。 総じて何が言いたいのかまとめると、美容師は良い美容師としての努力は怠らない。 お客さんも良いお客さんでいる努力を怠らない。 この2点が最も重要なんです。 多くの人数をこなさなくてよくなった美容師は良いお客さんしかお客さんにしたくないんですよ。 それがわからないお客さんというのは、アピールを間違えてしまう。 気難しい?お金がない?お客さんは神様ですよと顔に書いてある? 誰もそんな人担当したくはないと思いますが、、、。 初見、初めまして、にも関わらず、 カウンセリングも支離滅裂で最後には大声で怒鳴りだす女性、、、 来店するやいなや不機嫌感満載の女性、、、。 どれもこれも無しじゃあないんだけど、それっていうのは何年もお付き合いのある関係の中での賜物なんですよね。 長くやっていると、そういう時もあるよねーって思えますよ。建前ではなく、今日はなんか疲れちゃってねーゴメンネー気を遣わせちゃってー。とか。 なんか今回のは気に入らなくってゴメンネー今度はこうしてほしいなーとか。 すべて、何年もさせて頂いての賜物だ。 その上であればネガティブではなく、むしろそのお客さんにとって自分は美容師の域を越えた存在になれているのかもしれないと勘違いしてしまう程に嬉しいのかもしれない。 なのに、なのにだ! それがわからないお客さんってのは初見からやっちまうんだ。 いきなり不機嫌。いきなりステーキじゃないんだから。やめてほしい。 お互いに、初めましてには初めましての構えがあるでしょーに。 僕はいかに有能な美容師なのかをさりげなくアピールする。 お客さんはいかに良いお客さんなのかをさりげなくアピールする。 コレが健全なんじゃないかなー そしてお互いに良い美容師さんかも! いいお客さんかも! で始まっていく。 だがしかし!だがしかしだ!! 良いお客さんじゃないアピールの人が死ぬ程多い。 良いお客さんじゃないアピールをして返ってくるのは良い美容師じゃないアピールなんだよ。 だって、良いお客さんしか自分のお客さんにしたくはないんだから。 事例としても1人の常連迷惑客をはっきりと断ったことによって多くの良いお客さんが増えた例もあります。 フリーの美容師が1日にできるお客さんの数は少ない。 ならばそのお客さんにとって最高の美容師でありたいし、その美容師にとって最高のお客さんでもあってほしい。 最後に誤解を生まない為に。 いつもご指名をしてくださっているお客さん、いつもご協力頂き、誠に有り難う御座います。 これからも美容師として最高の準備をしてお迎えしたいと思っております。 何卒よろしくお願い致します。
>> 続きを読む

あけましておめでとうございます。 (Thu, 09 Jan 2020)
2020年/令和2年 あけましておめでとうございます 皆様それぞれ良いお正月になりましたでしょうか? 僕は夏休みとお正月だけは仕事を完全に忘れて子供の様にただ遊び、食べ、寝る を繰り返します。 さて、今年は RemastaR  セルフブランドのアパレルを春夏、秋冬と発売していく予定でございます。 そして!今年はとしおとこ!クリエイターとして死ぬ程、暴れます。 洋服が好きな方と楽しく共有していけたらいいなと夢を膨らませております。 既に、一年中着まわせる、オリジナルロンTも発売しておりますので是非1度、お気軽にご試着をしてみて下さいませ😁
>> 続きを読む